フォーカシング(focusing)は、まだ言葉になっていない、からだの感じに焦点を当てる時間をとることです。静かに、ノドから胸、お腹のあたりに注意を向けて、ある状況についてどう感じているかなあと自分に聴いてみます。何か意味のありそうなことが浮かんできたら、言葉にしてみます。どうも、感じと言葉が違うようなら、言葉を修正します。どんなものが浮かんできても大切に受け取ります。米国の心理学者で哲学者でもあるユージン・ジェンドリン(1926~2017年)がこの過程をフォーカシングと名付けました。ここから、新たな気づきや解決のヒント、創造的な生き方など、いろいろな素晴らしいことが生まれてくるのです。

フォーカシング

 フォーカシング(focusing)は、まだ言葉になっていない、からだの感じに焦点を当てる時間をとることです。静かに、ノドから胸、お腹のあたりに注意を向けて、ある状況についてどう...

続きを読む

札幌フォーカシングプロジェクト

毎月1回の例会というフォーカシング練習会を20年以上、続けています。どなたでも、参加できますので、一度、いらしてください。

続きを読む

ワークショップ

道内では札幌フォーカシングプロジェクトが年に2~3回、ワークショップを開いています。

続きを読む

道内のプロ

  北海道内には、国際フォーカシング研究所(TIFI)からフォーカシングを教える資格を認定されたトレーナーが8人います。 このうち、3人は、社会人向けの講座で教えています。1人は...

続きを読む

新聞記事と研究論文・翻訳

ジェンドリンとのインタビュー記録や、北海道教育大大学院で書いたフォーカシングと書くことについての修士論文などを掲載しています

続きを読む

出版物

戦禍の記憶

3冊の本と、フォーカシングに関連した新聞記事やコラム、日本フォーカシング協会ニュースレターの記事を紹介します

続きを読む

フォーカサーの集い

今野さんのユーチューブ

日本フォーカシング協会年次大会兼フォーカサーの集いが2021年6月にズームで開かれました。札幌で準備しました

続きを読む

自分史

life-history

上村は、退職を機に1年半かけて自分史を作りました。入稿から本が届くまで8日間というオンライン印刷会社の早さにびっくり。

続きを読む

公開講座

2021年6月に開かれた池見陽・関西大教授の公開講座「人生を新しくするフォーカシングの心理学」の内容を載せました

続きを読む

資格

フォーカシングの資格は、国際フォーカシング研究所(TIFI、在ニューヨーク)が認定します。日本国内では、TIFIから認定を受けたフォーカシングコーディネーターが訓練にあたります...

続きを読む

ネコの写真

ネコ 12月25日

家で飼っているネコ2匹を写真で紹介します

続きを読む

出版・記事 

  上村英生は、新聞記者として北海道新聞社から「戦禍の記憶」と「倉本聰ドラマ人生」の2冊の出版に携わりました。編集委員時代には、ユージン・ジェンドリンのインタビューし、朝刊の「時...

続きを読む

サイトマップ

続きを読む

フェルトセンス からだを使って書くこと 

コスタリカでのフォーカシング国際会議で買い求めた本を訳しました。書くことへの応用が具体的に書かれ、哲学的論考も面白いです。

続きを読む

ジェンドリンとのインタビュー記録

ジェンドリン

ジェンドリンとのインタビュー記録です。フォーカシングについて知らない新聞読者向けに語ってもらいました

続きを読む

修士論文「フォーカシングを使って書き記すことによる社会の構築」(2017年)

北海道教育大学大学院学校臨床心理専攻に提出した修士論文です

続きを読む

TAE(エッジで考える)

新聞記者が良い記事を書いた時の感じを、ジェンドリンの開発したTAE(エッジで考える)を使って理論化しました

続きを読む

お気軽にお問い合わせください。